ドローン搭載レーザースキャナによる三次元地形計測作業に対応します。
また、写真撮影などもあわせて対応可能です。
計測結果は、中間処理ソフトによる位置・姿勢データの補正、キャリブレーション、抽出を経て、大量点群データ処理ソフト3D-BASE Proでノイズ除去を行います。
従来の写真データからソフトウェアで三次元化する手法とは異なり、伐採などを行うことなく地表面計測が可能です。
また、直接対象物を計測しているためにデータ全域での精度確認・保証を行うことが可能です。



ドローンレーザー測量とは?
ドローンによるレーザー測量は、従来の航空写真測量や航空レーザー測量に変わる測量システムとして、今最も注目されているシステムです。
小型軽量で安定性に優れたドローンは、乗用車で現地に運搬し、航空機では近づけなかった谷間などの複雑な地形の計測に対応可能です。
また、緊急を要する災害現場にも、すぐに出動できるなど優れた機動力を得ることができます。
さらに、ドローンによるレーザー測量は、航空機に比べ低高度・低速度での飛行計測ができるため、より高精度のデータ収集ができるなど従来の計測方法に比べ数多くのメリットがあります。
利用するメリット。
ドローンによるレーザー測量には、以下のようなメリットがあります。
•航空機搭載レーザーとは異なる、低高度、低速による高密度なデータ収集が可能
•小型なドローンの機動力
•谷間、急斜面地など複雑な地形測量が可能
•人の立ち入りが難しい場所での計測が可能
•低コスト
•作業時間の短縮化
どんな現場で?
・山間部
・急傾斜地
・被災地
・造成地/圃場整備
・林業(森林調査)
・都市計画
・遺跡
どんな成果に対応できるか。
高密度三次元点群データから、さまざまなデータを生成することができます。
•構造物や植生を含んだ標高モデル(DSMデータ)
•構造物や植生を除去し地表面のみを抽出した地形モデル(DEMデータ )
•オルソ写真 DEMデータを使用した精密なオルソ写真
•カメラで撮影した情報を点群データと重ね合わせたデータ(RGBLAS )
•精密地形地図
•地表のモデルの任意の箇所の断面図
•3D等高線

主要使用機材:
ドローン搭載型レーザースキャナTDOTプラス(DJI社Matrice600搭載)
DJI社Inspire2(写真測量)、Mavic Proなど

計測作業業務に加え、陸上、水中を問わず、各種計測相談にも対応しますのでお気軽にご相談ください。

※未来システム工房は、アミューズワンセルフ社ドローン用レーザースキャナTDOTシリーズの正規代理店です。